お問い合わせ(059)279-2225 お問い合わせはお気軽にどうぞ メールのお問い合わせ

【資金計画セミナー】毎月第2土曜日開催中!

私たちの家づくり

家づくりの流れ

心からくつろげる空間を自然素材

家中が呼吸する木のパワー!

すごいパワー!漆喰の壁。

自然素材って高くない?

イベント

ニュース

Column new

Blog menu

スイートホームブログ

現場ブログ

代表スタッフ紹介

リフォーム/リノベーション

オリジナル家具

スイートホームフェイスブック

株式会社 Sweet Home

三重県津市美里町南長野1388-1
TEL:059-279-2225
FAX:059-279-2265

  • 会社概要
  • アクセス

HOMEコラム > 集成材と無垢材の違い  三重県津市自然素材住宅・健康住宅・新築の事ならSweet Homeにお任せください

コラム

集成材と無垢材の違い  三重県津市自然素材住宅・健康住宅・新築の事ならSweet Homeにお任せください

同じ「木」を使った家なのに、本物の木の家と、そうでない木の家とがあるのはなぜでしょう。前者は天然木である無垢材を使った「自然素材の家」、後者は合板やベニヤに代表されるような集成材を使った「自然素材風の家」と言うことができるかもしれません。

 

集成材は薄くカットした木材を接着剤で張り合わせたもので、一見すると木のように見えるため、「無垢材とどこが違うの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

無垢材、つまり天然の木を使った木材は、製材してからも呼吸を続けています。このため、木が持つ調湿性や脱臭性、遠赤外線効果によって、夏涼しく冬暖かい、一年を通して快適な住まいが実現します。集成材のように接着剤を使用していないので、化学物質によるシックハウスやアレルギーの心配も不要です。

家を壊したときや建材を燃やしたときも、有害物質や有毒なガスを発生させることがないため、環境や健康にも影響をおよぼすことがありません。

 

集成材は、無垢材のように反りやねじれがなく、強度が高いといわれています。また、無垢材では難しい巨大な一枚板の加工や曲面などをつくることを得意としています。とはいえ、たとえ無垢材であっても、しっかりと乾燥させることで狂いを少なくしたり、強度を高めることは十分可能です。なにより、無垢材だけが持つ、木のあたたかさややわらかさ、そして、体と心を癒してくれる健康効果は、本物の自然素材の家だからこそ得られる魅力のひとつでしょう。

家づくりのコト、スイートホームのコト...どうぞお気軽にお問合わせ下さい。